• profile:

    inspire:tion インスパイレーション

     

    ゆうこ Yuko (ボーカル、愛媛県松山市出身)

    瀬木ヤコー Yako Segi (ギター、ボーカル、作詞作曲、兵庫県芦屋市出身)

    中越亮佑 Ryosuke Nakagoshi (ベース、エンジニア、高知県高知市出身)

     

    母体は瀬木と中越が寮生活を送る高校時代から組んでいたバンド。卒業後、瀬木が京都大学法学部、中越が大阪大学工学部に進学し、1997年、中越と同じ大阪大学の医学部保健学科に通うゆうこが加わり結成された。2000年前後から中越が中心となってDTMを導入し、ミックスダウンまでの音作りを自ら手掛けるようになった。03年にミニアルバム「Butterfly Jack」を発表後、ポニーキャニオンより1stアルバム「旧世界」でメジャーデビュー。2ndアルバム「天国と地獄」、3rdアルバム「Zion Orchestra」をリリース後、一時活動を休止したが、2008年に再開。以降、自主レーベル「FABSTRUCT」から楽曲を発表している。

    2015年に初のハイレゾ楽曲「まちびとの歌」をサイト「mora」より無料で配信。​2016年から再び活動を本格化させ、6月に新曲「ノスタルジア」(シングル)、11月に「tiny dance」(シングル)を配信のみで発表した。12月には作家の村田沙耶香さんを招いた音楽と文芸のコラボレーションイベント「コトノハ音楽会」の第1弾を主催。2017年2月には村田沙耶香さんらとの「音楽会」から生まれた曲「藍色さんぽ」を無料配信した。

    ゆうこは高知大学医学部に入学し直し、現在は医師。瀬木は新聞記者、中越は映像機器エンジニアと、それぞれが別に職業を持つ。個性も環境もまったく異なる3人を音楽がつないでいる。

  • news:

    03/29

    6曲入りニューミニアルバム「ゴーストノートのおどりかた」、配信サイトmoraにて先行配信が始まりました!

    通常音源 http://mora.jp/package/43000117/FABA-30001/

    ハイレゾ音源 http://mora.jp/package/43000117/FABH-30001_F/

     

    作家の海猫沢めろんさんより、ありがたい推薦コメントをいただきました!

     

    日々の泡のように生まれては消える音が、ぼくの感情をゆらす。西瓜糖世界に流れる音楽は、もしかしたらこんなふうかもしれない。

    ――海猫沢めろん(作家「夏の方舟」「明日、機械がヒトになる」)

     

    03/06

    ウェブサイト、前サイトが検索にかからなくなるトラブルがあり(原因はいまだ不明)、移築しました。内容は変わらずです。今後ともよろしくお願いします!

     

    2017/02/07

    作家の村田沙耶香さんらとの「音楽会」から生まれた半インスト曲「藍色さんぽ」の無料配信を始めました。

    瀬木の無茶振りに応じて、村田さんが短い歌詞を書いてくれています。soundcloudからダウンロードできます。

    https://soundcloud.com/user-845146370/aiiro_sanpo

     

    12/28
    4日に開催した「inspire:tion presents コトノハ音楽会」の動画をアップしました。
    撮影・編集は映画「ヨコハマメリー」などで知られる盟友、中村高寛監督です。
    「movies」コーナーでもご覧いただけます。
    https://youtu.be/fdVCyU5WBws

     

    12/08

    12月12日、京都のFM局「α-STATION」にゲスト出演させていただきます!

    16時からの番組「KYOTO AIR LOUNGE」です。

     

    11/24 

    最近の発表楽曲の歌詞を載せた「words」コーナーを新設しました。

    ウェブサイトの消失という不測の事態に直面したのを機に、サイトデザインも一新です。

     

    11/15

    新曲「tiny dance」の360度動画PVを発表しました!スマートフォン推奨です。

    https://www.youtube.com/watch?v=45WzaI_O1WQ

     

    11/15

    新曲「tiny dance」(シングル)をリリース!

    https://itunes.apple.com/jp/album/tiny-dance-single/id1171729037

    http://mora.jp/package/43000117/FAB-2004/

     

    駆け出したい。ダンス以前のダンスをカラダがうたう。

    ――赤坂真理(作家「ヴァイブレータ」「東京プリズン」)

     

    11/03

    主宰イベント「コトノハ音楽会」を12月4日、下北沢モナレコードにて開催します。

     

    音楽と文芸の豊かな関係を再発見しようというトーク&ライブイベントです。バンドは「inspire:tion with 誉田哲也」。トークゲストに「コンビニ人間」で第155回芥川賞を受賞した村田沙耶香さんを招き、創作と音楽の関係などをうかがいます。

     

    2016/06/15

    新曲「ノスタルジア」(シングル)をリリース

    https://itunes.apple.com/jp/album/nosutarujia-single/id1122498114

    http://mora.jp/package/43000117/DISP-001/

     

    どこかに置き忘れた宝物を、思わず、これでしょ?と返してくれる―inspire:tionの言葉と、音色の世界

    ――誉田哲也(作家「ストロベリーナイト」「武士道シックスティーン」)

  •  

     

    discography:

    albums:

     

    Butterfly Jack (2003)

    旧世界 (2003)

    天国と地獄 (2003)

    Zion Orchestra (2004)

    小さな世界とシェルターボーイ (2010)

    残像 LOOP SHOW (2011)

    ゴーストノートのおどりかた (2017)

     

    singles:

     

    孤独のオーケストラ (2010)

    まちびとの唄 (2015)

    ノスタルジア (2016)

    tiny dance (2016)

  • lyrics:

    tiny dance

     

    手のひらの体温とざらつきと

    回るダンスロックナンバー

    何度でもループして

     

    かすれ声のやさしさと臆病さと

    響くレイドバックサウンド

    眠れない人たちの 

     

    毛布にくるまって

    夜にまぎれて

    踊ろうよ tiny dance

    くせ毛を揺らして

    運命に怯えて

    踊ろうよ tiny dance

     

    目を閉じて感じる君の心臓と

    4-on-the-floor のリズム

    暗闇に溶け合って

     

    いつも抜け目ない僕らは

    この無意味さだって

    意味にしてしまうのだろう

     

    朝が来るまで

    手を離さないで

    踊ろうよ tiny dance

    おぼれゆく世界の

    悪口で笑って

    傷つけ合わないで

    踊ろうよ tiny dance

     

    踊れない僕らのステップで転がせ

    できそこないの世界を

    ほどけない運命の糸をからませ

    時には嘘もついて

     

    踊ろうよ tiny dance

     

    朝が来るまで

    手を離さないで

    踊ろうよ tiny dance

    おぼれゆく世界の

    くせ毛を揺らして

    運命に怯えて

    踊ろうよ tiny dance

     

    踊れない僕らのステップで転がせ

    できそこないの世界を

    ほどけない運命の糸をからませ

    時には嘘もついて

     

    踊ろうよ tiny dance

    ノスタルジア

     

    雨が煙る街を

    走りぬけてゆく誰かの足音

    少年はなぜかとても

    切なくなって涙を堪えた

     

    きっと明日まだ世界が壊れないように

     

    給水塔の上から星を見にゆこう

    声を上げて泣いたら空も溶けだすかな

    サラバ ノスタルジア

    サラバ 未来の日々よ

    音楽はまだ優しすぎるから耳をふさいだ

     

    それは沈黙の歌

    夜の底で祈るひとの歌

     

    きっと明後日は世界が壊れる前に

     

    望遠鏡の隙間から星が逃げだした

    声を上げて泣いたら空も溶けだすかな

    サラバ ノスタルジア

    サラバ 未来の日々よ 

    音楽はほら優しすぎるから耳をふさいで 

     

    ねんねころりよ くらい くらい

     

    給水塔の上から星をつかまえよう

    声を上げて泣いたら空も溶け出すかな

    サラバ ノスタルジア

    サラバ 未来の日々よ

    音楽はまだ優しすぎるから耳をふさいだ

    まちびとの唄

     

    夕暮れはぼくらの時間

    笑う声 懐かしい声

    浮かんではほどけて消えた

    面影ひとつ またひとつ

     

    くるくるまわる空を見上げて

    海風の道 下ってゆけば

    あの日あの場所 タイムマシンで

    不時着したら もう戻れない

     

    朽ちゆく世界の音

    あれは誰かを待つひとの唄

    遠く祈りを込める

    忘れるように 忘れるように

     

    通り雨 止まった時間

    思い出も切りさくように

    方舟に乗りそびれたら

    君の名前を何度も叫ぼう

     

    灯がともる 灯がともる

    灯をともす誰かがいる

     

    朽ちゆく世界の音

    あれは誰かを待つひとの唄

    遠く祈りを込める

    忘れぬように 忘れぬように

     

    朽ちゆく世界の音

    あれは誰かを待つひとの唄

    遠く祈りを込める

    忘れるように 忘れるように

     

    向こうの空に響かせた

    響かせた まちびとの唄

    向こうの空に響かせた

    響かせた まちびとの唄​

     

    今日のこと

     

    君との共鳴 いつ消えてもおかしくないような
    さすらう日々 どこにいても変わらないよね

     

    面白いことばかりだけど 何もないけど ひとつもないけど
    声をそろえる瞬間の魔法にかかった

     

    それはもうひとりの僕で
    ほんのふとした言葉で救われてしまうような

     

    遠い昔のこともまるで昨日のことみたいに
    遠い未来のこともまるで明日のことみたいに話してる
    僕らは今日

     

    手に入れたもの 失くしたもの 壊れたもの 壊したもの
    もう会えない友だちは優しかったよね

     

    それはもうひとつの嘘で
    ほんの少し忘れたら生きていけるような

     

    遠い昔のこともまるで昨日のことみたいに
    遠い未来のこともまるで明日のことみたいに話してる
    僕らは今日

     

    それはどうしようもなく僕で
    今日が今日であるだけで生きてしまうような

     

    遠い昔のこともまるで昨日のことみたいに
    遠い未来のこともまるで明日のことみたいに
    僕らは今日

     

     

    world's end wonder

     

    やわらかな風が踊りだす
    時は満ちてる
    溶け出した夜が匂い立ち
    朝が目覚める

    world’s end wonder 愛を込めて

     

    惑星が奏でだすメロディー
    水は流れる
    ハイウェイの下をくぐって
    僕は生きてる

    world’s end wonder この瞬間の

     

    歩こ 歩こ 独りぼっちで
    コンクリートも眠る街を
    歩こ 歩こ 空の色の
    グラデーションを辿るように
     

    ああ誰だろうな 声がした

    「ここへおいで」

     

    誰かの夢に響くレクイエム
    空を染めてく
    確かなものは何もないけど
    僕は息をする

    world’s end wonder この瞬間の

     

    歩こ 歩こ 独りぼっちで
    アスファルトも眠る街を
    歩こ 歩こ 薄明かりの
    グラデーションを辿るように

     

    ああ何故だろうな 声がした
    「ここへおいで」

     

    朝ぼらけのテレパシー 僕の街まで

     

    あれはきっと遠い昔の
    呱々の声 最期の声
    あれはきっと遠い未来の
    笑い声 泣き声

     

    歩こ 歩こ 独りぼっちで
    コンクリートも眠る街を
    歩こ 歩こ 空の色の
    グラデーションを辿るように

     

    向かい風を頬に受けて
    風来坊のような気分で
    愛を込めて時を越えて
    世界の果てで待ち合わせを

     

    ああ泣きたいな 声がした
    「ここへおいで」

     

    おやすみ、さよなら

     

    小さな時計の音が暗闇に響くころ
    街はもう海の底 眠れ 眠れ


    色あせた思い出も
    守れそうのない約束も
    みんな燃えてしまうから 眠れ 眠れ

     

    もう何も失くさない
    明日の朝からは
    おやすみ、さよなら
    長い長いお別れを

     

    いつかきっと虹の下で君を想い歌いましょう
    かすれ声で歌いましょう 眠れ 眠れ

     

    さいごの時はいつも知らぬ間に過ぎるのかな
    知らない景色の中に消えるのかな

     

    もう何も失くさない
    明日の朝からは
    おやすみ、さよなら
    長い長いお別れを

     

    いつかきっと虹の下で君を想い歌いましょう
    かすれ声で歌いましょう 眠れ 眠れ

  • movies:

  • contact: